グルメ - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

モーニングサービス発祥の地「愛知県東三河」でユニークなスタンプラリーが開催中

モーニングサービス発祥の地「愛知県東三河」でユニークなスタンプラリーが開催中

@
2019/01/10

このスタンプラリーでは、モーニングサービス利用で店ごとにスタンプ1個を押し、スタンプの数に応じてコーヒー券をプレゼント。全店制覇賞をはじめ、30店、20店の達成賞、全店制覇は、コーヒー券4枚と認定書を贈られます。2019年8月31日まで実施する予定です。

同研究会では「自分に合った楽しみ方でモーニングサービスを満喫してもらえれば」と多くの参加を呼び掛けています。

豊橋市では、モーニングサービスが喫茶店で始まって約60年。1986年には市内に628の喫茶店があった喫茶店が、今では高齢化などで300店舗弱に減少。各店独自のモーニングメニューが味わえるスタンプラリーを始めたことで、加盟店の売上は3~5%伸び、新規顧客の獲得、リピーターにもつながっています。豊橋駅でパンフレットを手にすることができるため、出張の人たちもモーニングを利用しているそうです。

研究会は「自分に合った楽しみ方でモーニングサービスを満喫してもらえれば」と多くの参加を呼び掛けています。

喫茶店巡りが好きな読者は、是非挑戦してみてはいかが?

東三河モーニング街道

 

 

RELATED 関連する記事