歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

ちょっぴり自慢できるコトバの語源 無実の罪の意味である「濡れ衣」三途の川にまつわるその語源を紹介!

無実の罪の意味である「濡れ衣」三途の川にまつわるその語源を紹介!

「濡れ衣だ!私はやっていない!」

……とまぁこんな具合に、無実の罪を着せられることを「濡れ衣(ぬれぎぬ)」と言います。

確かに、グショグショに濡れた衣服は着ていて不快ですし、そんなものを無理矢理着せられた時のストレスと言ったら、無実の罪に匹敵するかも知れません。

「だから『濡れ衣』って言うんだよ」

以前にそんな話をされていた方がいたので、少し補足させていただいたことがあります。衣はなぜ濡れているのでしょうか?同じく不快そうな泥とかじゃダメなのでしょうか?

今回は、その理由について諸説の一つを紹介します。

三途の川と六文銭

濡れ衣はなぜ濡れるのか……それを説明するには、三途の川(さんずのかわ)を渡らなくてはなりません。

三途の川には渡し舟を営業?する鬼がいて、料金(渡し賃)を支払うことで乗せてくれます。その金額は、俗に六文(ろくもん)と言われ、かけ蕎麦が一杯十六文の相場として、現代だと320円くらいとすれば、一文は約20円。

つまり、三途の川の渡し舟に乗るためにはだいたい120円くらい支払えばいいことになりますが、ここから先が少しややこしい。

人間、死ぬ時に銭コ(じぇんこ)はビタ一文持っていけません。

荼毘に付されて(≒火葬されて)すべて灰……じゃあ誰も渡し舟に乗れないじゃないか!と心配されるかも知れませんが、大丈夫です。

三途の川の渡し賃は、皆さんが生きている間に支払うシステム?となっているそうです。

それは「誰かの役に立つようお金を使うこと」。

この世とあの世の為替レートは存じませんが、自分の欲ではなく、真に誰かの幸せを願い、見返りを求めずお金を使うことで、ポイントが貯まって……的なイメージでしょうか。

太山寺蔵「地獄極楽図」より、三途の川。

いずれにせよ、生きている間にしっかりと渡し賃を支払っておけば、三途の川も悠々と渡ることができます。

※「六文銭」の考え方には諸説あります。

2ページ目 では、渡し賃を支払っていない方は?

 

RELATED 関連する記事