ライフスタイル - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

ストレートすぎる為に改称?とある村の行事から始まった「敬老の日」実は昔は「としよりの日」という呼称だった

ストレートすぎる為に改称?とある村の行事から始まった「敬老の日」実は昔は「としよりの日」という呼称だった

9月の第3月曜日。9月16日(月)は敬老の日です。

「国民の祝日に関する法律」には、「敬老の日」を「多年にわたり社会に尽くしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う日」と規定されています。

実はこの「敬老の日」、日本のある村の行事から始まったということはご存知でしたか?

その”ある村”とは、兵庫県野間谷村(のまだにむら・現在の多可町)で、1947年、当時の村長さんと助役さんが始めた「敬老会」が「敬老の日」の始まりとされています。

その翌年、毎年9月15日を村独自の祝日として「としよりの日」と定められました。この「としよりの日」は、そのあと兵庫県全体、さらに日本全国に普及します。

2ページ目 「としよりの日」という呼称に待った!

 

RELATED 関連する記事