歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

我ものを握る片手…(笑)下ネタも風景も盛り沢山、葛飾北斎は川柳も名人だった!

我ものを握る片手…(笑)下ネタも風景も盛り沢山、葛飾北斎は川柳も名人だった!

2019年に大規模な展覧会「新・北斎展」が開催予定の日本を代表する浮世絵師、葛飾北斎

これはスゴそうだ!葛飾北斎の初期〜晩年までの壮大な画業を通覧する「新・北斎展」開催!

世界中の北斎ファン必見の北斎展になるであろう展覧会が開催されます!2019年1月17日(木)から六本木ヒルズ「森アーツセンターギャラリー」で、江戸時代の人気浮世絵師・葛飾北斎(かつしかほくさい…

実は彼、「誹風柳多留(はいふうやなぎだる)」という当時の人気川柳雑誌に投稿するのが趣味で、掲載された数なんと188句。

多才な北斎の川柳の腕前は趣味の域を超えており、一度は「誹風柳多留」の序文まで任されたほど。今回は川柳界でも一流だった北斎の川柳を一部ご紹介します。

絵には描けない悩める北斎の姿

「我(わが)ものを 握る片手の ぬくめ鳥」

ただの下ネタと片付けるには惜しい温かみを感じませんか?北斎先生、どうやら絵の事で悩んでいるようです。頭の中にあるものをそのままごっそり筆に乗せて描き尽くしたいが、どうしたものか筆がちっとも動かない。

そのうちに墨がぽたっと白い紙の上に垂れてしまったりして。そんな時はつい反対の手で股間をにぎにぎ。鳥が羽で雛を温めるように優しく優しく。

浮世絵と真っ直ぐ差し向かう北斎の、人には見せない姿が見えてきます。

「天才だってなんだって、悩みも行き詰まりもすらア」というぼやきが聞こえそうな愛おしい一句です。

北斎「北斎漫画十三篇」より 国立国会図書館蔵

 

「気違ひの とらまえたがる 稲光(いなびかり)」

真っ黒な雲の上でゴロゴロ音が鳴り始めると、外にいる人はみんな笠を押さえて逃げ出すってのに、嬉々として家から飛び出してきたジジイが1人。

そのとんだジジイこそ、北斎その人です。

ピカピカッと来てドオン。近ければ近いほど目をかっ開いて見上げます。本気です。北斎は、雷の光も音も風も全部捕(とら)まえて自分のモンにしちまおうと本気で思っていたんです。そしていつか必ずこの稲光って奴を描いてやろうと。「画狂老人」の名にかけて。

北斎「富嶽三十六景 山下白雨」Wikipediaより (右下の赤い光線が雷)

2ページ目 北斎にしか詠めない「北斎川柳」まだまだあります

 

RELATED 関連する記事