歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

世界的にも少数、日本の左側通行は江戸時代のサムライの作法から始まった?

世界的にも少数、日本の左側通行は江戸時代のサムライの作法から始まった?

日本の道路は左側通行ですが、世界のなかでは少数派です。2017年現在、世界では76の地域と国が日本と同じ左側通行なのに対し、163の国と地域が右側通行を採用しています。

また、世界の道路の総距離としてみてみると、左側通行が10%に対して、右側通行が90%以上と、明らかに右側通行が主流です。

では、どうして日本は左側通行なのでしょうか。また、日本はいつごろから左側通行になったのでしょうか。

今回は、そんな「左側通行」についてまとめてみたいと思います。

「利き手」と「左側通行」の意外な関係

さて、通行の方向についてあれこれ調べてみると、興味深いことがわかりました。

今から3万年前頃から、世界人口の88〜90%が「右利き」だといわれていて、左利きの割合が右利きより多い民族は世界には存在しないそうです。そして、この利き手と「左側通行」は、意外な関係にありました。

右利きの場合、左側の空間よりも、利き手の右側の空間が広くなるように、位置をとるのが合理的です。

中世以前の旅路は、極めて危険な環境下にありました。そのため、貴族や兵隊ではない一般市民でも、剣や槍などの武器を所持して、盗賊や敵から身を守りながら移動し続けなくてはいけませんでした。

前方から来る敵を迎え撃つには、利き手である武器を持つ右側に敵を回した方が都合が良く、鈍い左側が敵から遠ざかって安全なので、左側通行が原則であったということです。

2ページ目 世界の通路を90%右側通行にした人物

 

RELATED 関連する記事