歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

「とんでもない女!」源氏物語の作者・紫式部の痛烈な清少納言バッシングの真意とは?

「とんでもない女!」源氏物語の作者・紫式部の痛烈な清少納言バッシングの真意とは?

@
2018/04/03

「清少納言こそ、したり顔にいみじう…」紫式部の痛烈批判

『源氏物語』の作者・紫式部による日記には、他の女房たちを批判している箇所があります。その中でも特に有名なのが、『枕草子』の作者としてやはり彼女と同じくらい著名な清少納言への批判です。

画像出典:紫式部 (土佐光起筆 石山寺蔵)/Wikipedia

「清少納言こそ、したり顔にいみじう侍りける人。さばかりさかしだち、真名書き散らして侍るほども、よく見れば、まだいと足らぬこと多かり」

これは
「清少納言は、物知り顔をしてとんでもなかったとかいう人。利口ぶって漢字を書き散らしているけれど、その知識もよく見れば足りないところばかりじゃない?」
という内容です。

かなりの痛烈批判ですが、紫式部は単に同じくらい文才に優れた女房であった清少納言に対するライバル意識ゆえに、このような文章を書いたというわけではなかったのです。

2ページ目 清少納言の主人・皇后定子の悲劇を知っていた紫式部

 

RELATED 関連する記事