手洗いをしっかりしよう!Japaaan

大河ドラマ「どうする家康」史実をもとにライター角田晶生が振り返る 南蛮渡来の西洋式甲冑!上杉討伐に際し渡辺守綱が家康から賜った甲冑がコチラ【どうする家康】

南蛮渡来の西洋式甲冑!上杉討伐に際し渡辺守綱が家康から賜った甲冑がコチラ【どうする家康】

……ただこれだけのエピソードですが、劇中で着ていた鎧はどうだったでしょうか。今後、南蛮鎧をまとって大暴れする勇姿が拝めたら嬉しいですね。

終わりに

槍もトークも一級品

渡辺守綱 わたなべ・もりつな
[木村昴 きむらすばる]

武芸で活躍する家系に生まれ、戦場では先鋒をつとめる大男。向こう見ずな性格で、槍をふりまわす。普段は手よりも口を動かすのが得意なおしゃべり好き。三河一向一揆では一揆側につき、家康に槍を向ける。

※NHK大河ドラマ「どうする家康」公式サイト(登場人物)より

若い頃から武勇を振るい、一度は三河一向一揆で離反した事もありましたが、その後は忠義を尽くした渡辺守綱。

やがて家康の九男・徳川義直(初代尾張藩主)を補佐し、家康の死後も活躍しました。

果たして「どうする家康」では今後も見せ場があるのか、これからも楽しみですね!

※参考文献:

  • 『徳川実紀 第壹編』国立国会図書館デジタルコレクション
 

RELATED 関連する記事