手洗いをしっかりしよう!Japaaan

即位式の玉座で性行為…即位後に性欲爆発した「花山天皇」が2年で退位させられるまでの生活

即位式の玉座で性行為…即位後に性欲爆発した「花山天皇」が2年で退位させられるまでの生活

天皇といえば、日本の象徴であり、厳格な存在です。しかし過去の日本には、そんな天皇のイメージとはかけ離れた、自由奔放で女性関係も淫らな天皇がいました。

この記事では、そんな破天荒な天皇を紹介するとともに、即位してから退位させられるまでの2年間を紹介します。

花山天皇とは

「花山天皇(かざんてんのう)」は、968年に父「冷泉天皇」と母「女御懐子」の第一皇子として誕生しました。生後10ヶ月頃に、叔父・円融の即位とともに皇太子となります。そして、984年には、16歳という若さで第65代天皇に即位しました。

ただ、その即位式当日に天皇皇后両陛下のみが座ることを許されている「高御座」で、女官と性行為をするといった淫らで非常識な行動をとっています。

また、王冠が重すぎると駄々をこね、大臣たちを困らせることもあったのだとか。

即位後は性欲爆発!

花山天皇が即位したあとは、さらに淫らさと非常識さがヒートアップします。たとえば、母方の叔母に手を出して乳母子を妊娠させ、乳母子の娘まで妊娠させたほか、自身の関白「藤原伊周」が愛していた「藤原為光の娘」にも手を出してしまうのです。

このことで伊周の逆鱗に触れた花山天皇は、伊周と伊周の弟に襲撃され、衣の袖を矢で射られます。大事に至ることはなかったものの、この事件が公になったことで、伊周と伊周の弟は流罪の刑となりました。

しかし、そもそも花山天皇が狙っていたのは藤原為光の娘ではなく妹の方だったというのですから、何とも言えませんね。

2ページ目 「寛和の変」花山天皇、強制退位

 

RELATED 関連する記事