歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

不器用すぎる親心?織田信長が子供たちにつけたユニークすぎる名前を一挙紹介!

不器用すぎる親心?織田信長が子供たちにつけたユニークすぎる名前を一挙紹介!

戦国乱世の風雲児として時代を彩り、天下布武の覇業を推し進めた「第六天魔王」こと織田信長(おだ のぶなが)

若いころから奇行に走って「大うつけ」と評され、その後も癇癪の強さや目新しいものを好んだことから、良くも悪くもユニークな人物として知られます。

そんな信長のセンスは子供たちの命名にも発揮されており、今回は信長が自分の子供につけたユニークな名前を紹介していきたいと思います。

信長の息子+娘たちの幼名一覧

さて、信長にはたくさんの子供がいましたが、まずは一覧にしてみましょう。

【信長の息子たち】
長男・信忠(幼名:奇妙丸)
次男・信雄(幼名:茶筅丸)
三男・信孝(幼名:三七)
四男・秀勝(幼名:於次丸)
五男・勝長(幼名:御坊丸)
六男・信秀(幼名:大洞)
七男・信高(幼名:小洞)
八男・信吉(幼名:酌)
九男・信貞(幼名:人)
十男・信好(幼名:良好)
十一男・長次(幼名:縁)

【信長の娘たち】
次女・見星院(幼名:五徳)
六女・総見院(幼名:振)

※娘たちについては本名が不明な者が多いので、一部割愛しています。

※誰を何男or女とするかについては諸説あり、こと娘に関してはより不確定なものとなっています。

元服・改名後の諱(いみな。本名)はそれぞれしっかりと立派≒無難なものがつけられていますが、幼名については信長が任意に決めたので、実にユニークなものが多いです。

以下、一人ずつピックアップしていきましょう。

2ページ目 奇妙丸、茶筅丸

 

RELATED 関連する記事