歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

酔いが覚め後悔…戦国武将・福島正則の酒好きが災いした失態エピソード

酔いが覚め後悔…戦国武将・福島正則の酒好きが災いした失態エピソード

多くの人にとって切っても切れない縁であるお酒。時には娯楽、時にはストレス発散にと用途は様々ですが、気分が乗ってついつい飲みすぎて酔っ払ってしまうことも…。

そんな時に起こした失敗は酔いがさめた後に知ってしまうとものすごい後悔の念に苛まれるかと思います。

それは昔も同じで酒好きで知られる戦国武将の福島正則はお酒に酔ってしまい、大切な名槍を失う失態をおかしていました。

今回はそんな正則のエピソードをご紹介します。

実は豊臣秀吉の従兄弟!

正則は永禄4年(1561)、桶屋を営んでいた父の元で生まれます。そして、母である松雪院が豊臣秀吉の生母・大政所(おおまんどころ)の妹である縁から正則は幼少の頃から小姓として秀吉に仕えました。

従兄弟にあたる秀吉の元、初陣は天正6年(1578)の三木合戦で飾ります。その後は山崎の戦い、賤ヶ岳の戦い、小牧長久手の戦いなど秀吉の天下統一における重要な戦で活躍しました。

特に賤ヶ岳の戦いでは一番槍と一番首を挙げ、加藤清正や片桐且元(かたぎり-かつもと)と共に「賤ヶ岳の七本槍」として名を馳せました。

秀吉が天下統一した後は朝鮮出兵の文禄の役にも参加します。そして、休戦となったある日、正則に思わぬ来客が訪れました。

2ページ目 宴の時に現れた人物を前に…

 

RELATED 関連する記事