歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

格子戸の別れ…新選組「山南敬助」の切腹の間際に彼の元を訪れた恋人・明里とはどんな女性?

格子戸の別れ…新選組「山南敬助」の切腹の間際に彼の元を訪れた恋人・明里とはどんな女性?

切腹の間際に山南敬助の元を訪れた恋人「明里」

確かな剣術の腕を持ち、新選組で局長・近藤勇、副長・土方歳三に次ぐ「総長」の地位にまで出世した、山南敬助(やまなみけいすけ)。しかし彼は隊則に背いて脱走の罪を犯し、切腹となってしまいました。

なぜ脱走?なぜ切腹?謎が多く残る新選組 総長「山南敬助」

読み方は「やまなみ」?それとも「さんなん」?皆さん、新選組の総長・山南敬助を知っていますか?「土方歳三や沖田総司なら知っている!」という方は多いかも知れませんが、山南敬助をよく知っている方…

そんな彼には、死の間際に彼の元を訪れた「明里」という恋人がいたと伝わっています。「格子戸の別れ」として有名なこの場面を演じた明里とは、いったいどんな女性だったのでしょうか?

人物像がほとんど何も分からない謎の女性!?

明里については、幕末に生きた女性で山南敬助の恋人だったということ以外、ほとんど何も記録が残っていません。

そのことから、山南と彼女にまつわるエピソードは全て、昭和になってから子母澤寛によって書かれた『新選組遺聞』の創作ではないかという説も存在します。

明里は京都島原の「天神」という階級の遊女で、山南敬助が切腹した頃は21~23歳くらい。既に遊女からは身を退き、故郷で暮らしていたといいます。

大河ドラマ「新選組」では、堺雅人さん演じる山南敬助が、脱走する前に明里を身請けしていたことになっていましたね。

「天神」は京都や大坂の遊女の階級で、吉原では「太夫」に次ぐ「格子」に該当する高い地位でした。遊ぶために必要な料金が北野天神の御縁日の日と同じ25匁(太夫の半額以下の料金)だったことから、そう呼ばれるようになりました。

明里もその地位に相応しく、「武家の妻」のような雰囲気の上品で美しい女性だったのだそうです。

2ページ目 切腹を言い渡された山南との「格子戸の別れ」

 

RELATED 関連する記事