歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

生涯独身で不犯だった勇将・上杉謙信が唯一、心底惚れた女性・伊勢姫

生涯独身で不犯だった勇将・上杉謙信が唯一、心底惚れた女性・伊勢姫

武田信玄(たけだしんげん)と並び称される戦国時代の名将・上杉謙信(うえすぎけんしん)は、兵略の天才であり、「軍神」といわれました。謙信も信玄に負けず劣らず人気がありますが、その理由の一つは死を恐れない勇将ぶりにあるといっても過言ではないでしょう。

それは、北条氏の小田原城を攻めた際のこと。上杉軍が小田原の蓮池の端に馬を置き、弁当を食べてお茶を飲んでいると、敵が鉄砲を撃ってきました。弾は謙信の袖鎧をかすめましたが、謙信は全く騒ぐことなく悠々とお茶を飲み続けたといわれています。

1561年、4回目の川中島の合戦が発生した際、上杉軍は妻女山に布陣し、武田軍と10日間退治しましたが、将兵の誰もが緊張で押しつぶされそうになるなか、謙信は日夜、山頂で弾琴の音を楽しんでいたと伝えられています。今でも謙信ファンの女性は多いですが、戦国時代も多くの女性が近づいてきたのではないかと考えがちです。

2ページ目 生涯独身の謙信が心底惚れた女性

 

RELATED 関連する記事