歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

「東洋のガラパゴス」小笠原諸島を大発見した戦国武将とその子孫のエピソード【前編】

「東洋のガラパゴス」小笠原諸島を大発見した戦国武将とその子孫のエピソード【前編】

これまで何を命じても嫌な顔一つせず、二つ返事であった貞頼の発言に、さすがの家康もいささか気にかかります。

「ん……民部か。いかがした」

貞頼がこれまで十数年、数々の戦功にもかかわらず故郷の信濃に帰らず、所領が得られないこと、そして安定した収入源がないままでは、今後存分な奉公が叶わないことを訴え出ると、家康は言いました。

「……言われてみれば確かにそうじゃな。と言って、信濃の領地は他の者に与えてしまった……よし、南の海に島などあるやも知れんから、もし見つけたらその地を所領として取らせよう

「ははあ、有難き仕合わせにございまする」

そんな曖昧すぎる約束でも、一縷の望みに賭けたい貞頼はさっそく南海探検に出航。果たして三つの無人島を発見し、家康のとりなしによってその領有を太閤・豊臣秀吉から安堵されたと言われています。

その後も貞頼は忠勤に励み、戦乱の終焉を見届けて寛永二1625年に天寿を全うしました。

【後編に続く】

※参考文献:

坂田諸遠編『小笠原諸島紀事』国立国会図書館デジタルコレクション、明治時代
田畑道夫『小笠原島ゆかりの人々』文献出版、1993年2月

 

RELATED 関連する記事