歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

これは素敵すぎる〜!古地図をはじめとする個人所有の貴重データ100点超がネット公開

これは素敵すぎる〜!古地図をはじめとする個人所有の貴重データ100点超がネット公開

このほど、ふくやま草戸千軒ミュージアム(広島県立歴史博物館)で、同館に寄託されている歴史資料「守屋壽コレクション」がインターネット公開されました。

守屋壽コレクション」とは、広島県福山市出身で元メリルリンチ日本証券会長の守屋壽氏が30年以上かけて収集した、国内外の古地図を中心とする近世の歴史資料コレクション。

コレクションは、西洋製・日本製古地図のほかに、近世日本の国際的な交流の様子がうかがえる資料や、故郷の広島県福山市にゆかりの資料、古文書や絵画資料も含まれ、個人所有としては国内最大級の規模と内容となっています。

オランダ人長崎上陸の図

貴重なコレクションは守屋氏の郷里にある「ふくやま草戸千軒ミュージアム(広島県立歴史博物館)」に寄託され、総数は1154点となっています。中には「幻の江戸幕府の日本地図」といわれ、現存しないと考えられていた「享保の日本図」が含まれており、話題となりました。

発見!伊能忠敬より100年も前に作成された日本地図が発見されました!

江戸時代+日本地図といったら…そう伊能忠敬。江戸時代の測量家として日本人にはおなじみの商人。伊能忠敬は1800年から1816年までなんと17年をかけて日本地図を完成させました。この度、そんな伊…

松浦静山旧蔵日本全図(「享保の日本図」)

次のページ:「守屋壽コレクション」がデジタルデータ化されインターネット公開へ

 

RELATED 関連する記事

 
閉じる