歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

戦国武将好き必食!真田幸村にまつわるエピソードを商品化した「白石温麺」は味にも深みあり

戦国武将好き必食!真田幸村にまつわるエピソードを商品化した「白石温麺」は味にも深みあり

さて、戦国武将の中で人気の高い人物のひとりに真田幸村がいます。そして幸村といえば今から約400年前の大阪夏の陣で豊臣軍についた真田幸村と徳川軍の伊達家家臣・片倉小十郎重長によるエピソードが有名です。

そしてそのエピソードをそのまま商品化した「白石温麺 ~幸村の願い~」が数量限定で発売しました。製造は宮城県白石市の名産である手延麺「温麺(うーめん)」で知られる「きちみ製麺」。真田幸村とその娘・阿梅(おうめ)、さらに片倉小十郎のイラストを絵巻風にしたスペシャルパッケージで登場です。

img_68119_1大阪夏の陣で伊達家の先陣を切った片倉小十郎と激戦を繰り広げた真田幸村ですが、大阪城落城前夜に自らの死を覚悟した幸村は、ライバルである小十郎を “知勇の兼備の将” と見込み、子女・阿梅らの後事を託したといいます。結果阿梅は小十郎の後妻となり、二男の大八も片倉家家臣から伊達藩士に取り立てられたというのが今に伝わるサイドストーリーです。

img_68119_4 img_68119_9一躍もうひとりの英雄となった片倉小十郎重長。彼が治める白石城があったのが今の宮城県白石市。そこで今回、白石市の特産品として知られる「温麺(うーめん)」が選ばれたというわけです。

img_68119_7温麺はなんといっても油を使用せず淡白な味わいになるのが特徴。通常の素麺に比べてもひと回り太くコシの強さや舌触りの良さもあり、またわずか9cm程度という短さのため、茹でやすい上に食べやすさも兼ね備えているのが魅力です。

img_68119_2 img_68119_3 img_68119_6今回の「白石温麺 ~幸村の願い~」は、幸村と小十郎のイラストが描かれた温麺に、阿梅姫の絵柄の 「梅パウダー入り」温麺がついた3本1セットの商品となっています。ですので一束ずつ食べるのもいいですし、3食分一緒に茹でれば白とピンクによる絶妙なコントラストが色鮮やかになるようにもできています。まさに歴史模様を食で感じる素敵なセットですね。

冷やしても温めても抜群のおいしさの温麺。価格は1セット(100グラム✕3束)で476円。購入は販売元の「きちみ製麺」オンラインショップで受け付けています。今回の品は3000袋の数量限定品となっているので、ぜひお早めにどうぞ。

きちみ製麺オンラインショップ

 

RELATED 関連する記事

 
閉じる