歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

なんと!世界遺産 平等院鳳凰堂に昭和の職人さんの落書きを発見!

なんと!世界遺産 平等院鳳凰堂に昭和の職人さんの落書きを発見!

約60年ぶりに大修復が行われた京都府宇治市にある世界遺産 平等院鳳凰堂

今回の修復中に発見されたのは、前回の修復時に携わっていた職人さんたちの落書き。瓦の下に敷かれた「土居葺(どいぶ)き」と言われる板に落書きが書かれていたそうです。その落書きがこちら。

2014-10-17 10.45.46

落書きの内容は瓦のふきかえ作業や鳳凰堂の姿が書かれていたそうで、悪意のある落書きとはまた違ったもののようですね。この落書きは当時の職人の気持を今後も伝えようと元の場所に戻されたそうです。

書かれていた落書きの一部がこちら。

「かげの力のしっくいを ねってつかれて 今日も明日も」
「何としよう みだの瓦を運んでも 足のだるさにかわりない」
「百々年の嵐にたえて鳳凰乃 すがたうつして宇治乃川面よ」

屋根裏などにこういった職人さんの落書きを発見するというのはたまに聞く話しではありますが、世界遺産 平等院鳳凰堂に残された落書きとなれば重みも変わってきますね。

Yahoo!ニュース – 平等院鳳凰堂に職人の落書き 瓦下の板、そのまま後世へ

 

RELATED 関連する記事

 
閉じる