ライフスタイル - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

姦通罪で訴えられやすいのは不美人?美しさと姦通の関係に垣間見える男の本音

姦通罪で訴えられやすいのは不美人?美しさと姦通の関係に垣間見える男の本音

世に「美しさは罪」なんて言葉がありますが、容姿の美醜と犯罪には何か関係があるのでしょうか。

……そんな一見バカバカしいことを大真面目に研究した寺田精一という犯罪学者がおりまして、彼はその研究成果を『婦人と犯罪』(大正五1916年)という著書にまとめています。

果たして女性の美しさと犯罪には、どんな関係があるのでしょうか。今回はその一部を紹介したいと思います。

姦通罪で訴えられやすいのは美人?不美人?

寺田氏は殺人や放火、強盗や窃盗、詐欺など様々な女性犯罪を調査しましたが、その中で「姦通罪(かんつうざい)」についても言及しています。

姦通罪とは既婚女性による不倫を罰するもので、夫が妻と間男を訴えることで2年以下の懲役刑(旧刑法第183条)&不倫相手との再婚禁止(旧民法第768条)というペナルティが課せられました。

さて、この姦通罪で夫に訴えられた女性は、美人と不美人どちらが多かったと思いますか?

……正解は「不美人」。

不倫というと、よく「美女がその美貌で男を惑わし……」などとイメージしがちですが、実際に姦通罪で刑務所に収監されていたのは不美人の方が多かったそうです。一体どうしてなのでしょうか。

(※)調査は東京の刑務所に収監されていた40歳以下の女性犯罪者260名を対象に、美醜の評価については2人の女性に依頼、同性の視点による公正性の担保に努めたようです。

2ページ目 露骨すぎる男の本音…

 

RELATED 関連する記事