歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

なぜ流鏑馬と書いて「やぶさめ」と読むの?その語源や豆知識を紹介します!

なぜ流鏑馬と書いて「やぶさめ」と読むの?その語源や豆知識を紹介します!

毎年4月の中旬に開催される「鎌倉まつり」では、その最終日を彩るイベントの一つとして、鶴岡八幡宮で流鏑馬(やぶさめ)が奉納されます。

的中の瞬間、観客から歓声が沸き上がる。

古式ゆかしき武田流の礼法にのっとって執り行われた勇壮な騎射(きしゃ。馬に騎乗しながら矢を射ること)が観客を沸かせ、坂東に誇る「武家の古都」の面目を示しています。

ところで、流鏑馬がこの漢字で「やぶさめ」と呼ばれるようになったのはどうしてなのでしょうか。

そこで今回は、流鏑馬の語源などについて紹介したいと思います。

2ページ目 矢馳馬が「やぶさめ」に

 

RELATED 関連する記事