歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

酔っ払いに喧嘩にケガ人も続出!大騒ぎだった明治時代のお花見

酔っ払いに喧嘩にケガ人も続出!大騒ぎだった明治時代のお花見

3月も半ば過ぎ。桜の開花予想も発表され、東京はあと1週間もすればお花見シーズン突入です。お花見シーズンに入ると、何かと話題に上がるのが花見客のマナー。それは江戸時代も明治時代も変わりませんでした。

江戸時代の上野は今ほど賑やかではなかった?

『東京名所之内上野公園地桜花盛之景』歌川広重

現代のお花見スポットといえばどこを思い浮かべますか?都内であれば目黒川沿い、千鳥ヶ淵、新宿御苑などでしょうか。明治時代から変わらないお花見スポットの1つに上野公園があります。お花見シーズンになるとテレビ番組では、上野公園の花見客にインタビューする映像が毎年流れますね。

上野公園はもともと徳川家の菩提寺である寛永寺の土地。戊辰戦争では戦場となり、焼け野原になりましたが、明治時代に入ってから政府が公園として開放しました。

『上野公園ヨリ南東眺望之図』守川音次郎・守川周重

上野は江戸の頃から桜の名所。上野は幕府によって、お花見のルールが定められていて、桜の木の下では飲食禁止鳴物の演奏禁止午後6時には強制退場というルールがありました。

しかし上野のようにルールが無かった場所では、桜の木の下に広げた毛氈の上でお重を開き、三味線を弾き、時はコスプレまでして大いにお花見を楽しみました。

2ページ目 明治のお花見は大騒ぎ!喧嘩に迷子にケガ人続出

 

RELATED 関連する記事