歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

腹切るくらい安いもの…山本権兵衛の政治使命と「臥薪嘗胆」エピソードを紹介

腹切るくらい安いもの…山本権兵衛の政治使命と「臥薪嘗胆」エピソードを紹介

終わりに

言うまでもなく「正しからず」と書くぐらいですから、不正は悪いことです。

その前提に立っても、天下公益に供すると信じたならば、罪を覚悟し、命に代えてでも成し遂げるのが、政治家の真骨頂と言えます。(※もちろん、時間や状況が許すのであればルール自体をより適切に改正するのが原則です)

近ごろの政治家は「世論が……」「人気≒選挙が……」とばかりに保身を図って事なかれ主義に傾き、そのくせ私利私欲にとらわれ、つまらない不祥事に追われる小物ばかり。

「お前はそんな事のために政治を志したのか!?」

命に代えてでも成し遂げたい事業があり、それをこの世における自らの使命と信じて身命を擲(なげう)つのが政治家のあるべき姿というもの。

「命もいらず、名もいらず、官位も金もいらぬ人は、仕末に困るもの也。此の仕末に困る人ならでは、艱難を共にして國家の大業は成し得られぬなり」

【意訳】命も要らない、名誉も肩書もカネも要らない……そんなヤツほど扱いに困るものはない……が、そういうヤツでないと、国家の大業は成し遂げられんのじゃ。

※山田済斎 編『西郷南洲遺訓』より。

※参考:西郷南洲遺訓

世界平和を願った「西郷どん」その(現代の政治家に足りない?)政治思想が凝縮された「西郷南洲遺訓」とは

はじめに・『西郷南洲遺訓』とは♪薩摩西郷さんは 世界の偉人……♪※民謡「鹿児島おはら節」より。幕末から明治にかけて大活躍した「維新三傑」の一人、ご存じ「西郷隆盛」。[caption…

人間の価値は「生き方の集大成=死に方で決まる」と言っても過言ではなく、政治家はその地位や身分を「何と引き換えに擲ったか」で価値が決まります。

ルールは守るべきですが、それよりもっと大切なものを守る局面において、覚悟を失わない生き方を心がけたいものです。

 

RELATED 関連する記事