歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

正室VS側室!6代将軍・徳川家宣 時代の大奥が史上最強にドロドロすぎた件 その2

正室VS側室!6代将軍・徳川家宣 時代の大奥が史上最強にドロドロすぎた件 その2

政略結婚で天英院へ逆襲

月光院は、この事件以来あからさまに天英院への敵対心を表すようになり、天英院の父・近衛基煕(このえもとひろ)と朝廷で対立していた霊元上皇の娘、八十宮(やそのみや)を早々に家継の許嫁に決めてしまいます。幕末の14代将軍・家茂の代で初めて実現した「公武合体」政策は実はこの時に画策されていたのです。

周延「千代田之大奥 婚礼(部分)」国立国会図書館蔵

すぐに婚約の儀が行われましたが、この時家継は若干7歳、そして相手の八十宮に至っては2歳!数え年なので実年齢は1歳半くらいです。あからさますぎる政略結婚。しかも天英院と対立する姿勢が見え見えです。絵島生島事件で高笑いをしていた天英院も「キーッ!」とハンカチを噛んだ事でしょう。

ところが月光院派に大激震が走ります。なんと月光院派の全ての権力の礎、7代将軍・家継が婚約の儀の翌年、わずか8歳で病死してしまったのです・・・!

八十宮のその後

ちなみに、この政略結婚で最も被害に遭ったのは他でもない八十宮です。なんと彼女は若干3歳で「将軍の未亡人」になってしまい、その後45歳で亡くなるまでその扱いは変わらずに再婚も許されませんでした。

参考文献:堀口茉純「TOKUGAWA15」草思社

 

RELATED 関連する記事