歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

正室VS側室!6代将軍・徳川家宣 時代の大奥が史上最強にドロドロすぎた件 その1

正室VS側室!6代将軍・徳川家宣 時代の大奥が史上最強にドロドロすぎた件 その1

6代将軍・家宣の時代の大奥は、大奥史上最大級にドロドロしていました。そのドロドロの元凶は、家宣の正室・天英院VS家宣の側室・月光院の対立にありました。今回は大奥史上最大とも言える彼女たちの派閥抗争をご紹介します。

ドロドロ大奥の始まり

延宝7年(1679)、京都の公家・近衛家の娘だった天英院(当時は近衛煕子)は20歳の時にのちの6代将軍・徳川家宣(当時は甲府藩主・徳川綱豊)に嫁ぎます。2人は仲睦まじく、天英院が22歳の時に1女を、更には40歳の時に待望の1男をもうけますが2人とも早世。

それ以降も天英院と家宣の仲は生涯に渡って非常に良好だったのですが子供はできず、43歳で5代将軍・綱吉の養子となった家宣は側室を置くことになりました。これがドロドロの始まりだったのです。

2ページ目 月光院に男子誕生

 

RELATED 関連する記事