ライフスタイル - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

手首の疲れを緩和!武具の手甲を参考に作られた”こはぜ”を使ったリストウェアが仕事人ぽくてイイ!

手首の疲れを緩和!武具の手甲を参考に作られた”こはぜ”を使ったリストウェアが仕事人ぽくてイイ!

長時間のデスクワークを仕事とする人たちの悩みのひとつが、手首の疲労。毎日おなじポジションで作業をするあまり、手首のしびれや痛みが出てきて、普段の生活に支障をきたしてしまっている人もいるのではないでしょうか?

そんな人に注目してもらいたいのが、今回紹介する”こはぜ”を留め具として使用したリストウェアです。

おぉ!なんか仕事人ぽくて好き♡

こはぜとは、足袋の留め具として使われるなど和装には欠かせない金属製の留め金具で、大工や鳶などの職人さん、お祭りの参加者が身につけている”手甲”をヒントにこはぜを使い制作されたのが、今回紹介するリストウェア。

手甲には、外傷から手首を守ったり、手首を安定させる、手首の防寒などさまざまな役目があり、これらの機能がデスクワークの疲労緩和にも役立つのではと考え、商品化されたんだそう。

手首の可動域を抑制しクッション性も有るから、パソコンの角にあたる痛みを和らげてくれます。上下逆向きにつけ替えることが可能なので、自分のデスクワークにあったスタイルで利用することができます。

「こはぜ」のを差しこむ受け糸は3段階設けられているから、自分の手首の形状に合わせて微調整が可能。若干のストレッチ性があるから絶妙なフィット感があるとのこと。

生地は紺生地と刺し子の2種類が用意されていて、どちらもシンプルなデザインだから、”職人さんの仕事道具”的な雰囲気がたっぷり。

デスクワークで手首の痛みに悩んでいる人は是非チェックしてみてください。こはぜをつかったリストウェアの価格は4,200円から。

 

こはぜで留める安心感。手首の疲れを緩和する「リストウェア」でデスクワークを快適に

 

RELATED 関連する記事