歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

陛下、殿下、猊下…平成最後に知っておきたい!皇室を中心に世界の要人に対する「敬称」を紹介

陛下、殿下、猊下…平成最後に知っておきたい!皇室を中心に世界の要人に対する「敬称」を紹介

その他

皇室の方々に対して用いる機会はまずないと思いますが、他にもいろいろ敬称があるので、ざっと紹介します。

閣下(かっか。閣は高い建物を表わし、世俗の高官などに用いることが多い)

聖下(せいか。ロシア正教会の総主教=トップに対して用いた事例も)

座下(ざか。ロシア正教会の幹部クラスに対して用いる敬称)

台下(だいか。高い場所=台上にいる方に対する呼びかけ。聖職者に用いることが多い)

こうして見ると、敬意の表わし方には色んな情景があるものの、どれも「相手が自分より高い(尊い)位置にいる(ものとして扱う)こと」で共通しています。

「いちいち使い分けるなんてめんどくさい!」と思う方もいらっしゃるでしょうから、決して無理強いはしません。ただ、こうした日本語の肌理細やかな豊かさに、相手への心遣いが感じられて、筆者は好きです。

日常会話において、例えば「まさこさま」などと口にするとき、心の中で「皇太子妃殿下(こうたいしひでんか)」とルビを振ってみると、日本に永らく伝承されてきた「皇室」の重みが感じられるかもしれません。

 

RELATED 関連する記事