ライフスタイル - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

究極の信仰の形。生きながら入滅し「即身成仏」になるための過酷な修行とは?

究極の信仰の形。生きながら入滅し「即身成仏」になるための過酷な修行とは?

1000日も穀物絶ち!

即身成仏。

聞いたことがある人もいると思いますが、生きながら入滅し、仏になることを目指す究極の修行です。誤解している方もいるかもしれませんが、死んだ後に内蔵を取り出し、防腐加工をするミイラとはまるで違います。

即身成仏になる過程は大変過酷で壮絶です。

まず、体づくりをするために米、大麦、小麦、小豆、大豆の五穀を1000日間断ちます。それが終わると山を降り托鉢に回ります。托鉢中にもらったお布施や食料は、「布施の行」として貧しい人たちに配ります。

喉から手が出るほど飢えているはずなのに、それを手放す峻烈な信仰の力には頭が下がります。

更に五穀に加え更に粟(あわ)、稗(ひえ)、蕎麦、とうもろこし、きびを加えた十穀を1000日間絶ちます。

会わせると二千日。約五年半!

ここに至るまでに、体の弱い人は蛋白質不足で死んでしまうのではないでしょうか。いえ、それよりも先に心が挫けてしまう僧も多いのでは。

この十穀絶ちをこえると「木食行」に入ります。口にできるのは木の実、木の皮、木の根、山菜、きのこ、筍など。もはや生きていける気がしません。僧侶はこの時点で皮と骨だけになっているそうです。

2ページ目 いよいよ土の中へ「土中入定」

 

RELATED 関連する記事