歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

そうだったの?江戸時代 江戸時代、性を仕事にしてい女たち~芸者や招婦、水茶屋女ってどんな人?

江戸時代、性を仕事にしてい女たち~芸者や招婦、水茶屋女ってどんな人?

江戸時代、性を売る仕事の一つが、芸者です。「芸を売り体を売らない」というのは建前で、実際のところ体を売る芸者が多かったそう。吉原にも芸者はいましたが、遊女よりは格が下でした。

というのは、吉原での芸者の位置づけは、あくまで遊女の盛り立て役。でしゃばることは許されませんでした。もちろん、客の男と寝ることはタブーでした。

そうだったの?江戸時代〜吉原・遊郭

タブーを侵すことがないよう、芸者は2人で酒宴の場に出るのが鉄則です。三味線を弾く人と、唄か踊りを行う人というパターンが多かったようです。もしルールを破って客の男と寝たら、席に出ることを禁止されたり、時には追放されることも。

だから2人1組になり相互に監視することで、芸者が客と寝るのを防いだのですね。

一方、町芸者は、転ぶ(客と寝る)のもよくあることでした。黒羽織を着ている深川の芸者は、お互いの合意さえあれば、男1人女2人で淫乱な行為をすることもOKだったというから、ビックリ!客にとっては三味線も弾けて淫事もできる芸者は、喜ばれるのです。

江戸仲町大新地・下谷広小路・広徳寺前通などの町芸者は、特に有名でした。しかも、当時8代将軍・吉宗によって踊子芸者が厳しく取り締まられました。そうすると嫌でも客と寝ないと、生活ができなかったのです。

2ページ目 宿屋にも茶屋にも性を売る女が…

 

RELATED 関連する記事