歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

下品、だが深い…。謎に満ちあふれたわらべ歌「みっちゃんみちみち」を知ってる?あれは何だったのか?

下品、だが深い…。謎に満ちあふれたわらべ歌「みっちゃんみちみち」を知ってる?あれは何だったのか?

突然ですが、「みっちゃんみちみち……」と始まる歌を知っていますか?全国的にどこからともなく伝わり、知っている人は知っている、そんな歌です。『Dr.スランプ』のアラレちゃんで知ったという人もいるかもしれませんね。

歌の内容は極めて下品だけど

どんな歌詞かというと、地域によって若干の違いはあるものの、東京で歌われたとされるのはこんな感じです。

みっちゃんみちみち(びちびち《神奈川の一部》)うんこたれて 紙がないから手で拭いて もったいないからなめちゃった

みっちゃんの謎より

地域によっては「みちみち」が「道ばた」になっていたり、「なめちゃった」が「食べちゃった」になっていたり、いろいろバリエーションがあります。「みちみち」が「道ばた」に変化するところを見ると、意味は「道々」なのですが、擬音としてとらえる見方もあります。

アホみたいなわらべ歌だと思うかもしれませんが、これを真剣に研究した人がいるというのだから驚きです。民族音楽学者の小泉文夫氏は、日本各地のわらべ歌の記録を行っており、この誰が作ったともわからない「みっちゃんみちみち」の音源もテープに残しています。昭和36年に録音されたこの音源は、おそらく唯一の公式記録であるといわれています。

また、国文学者の林望氏は、著書『古今黄金譚 古典の中の糞尿物語』の中でいちばん最初に「みっちゃんみちみち」を取り上げ、「天下の傑作」だと評しています。「みっちゃんみちみち」と「み」が連続して韻をふんでいるところ、「みちみち」と「道々」で、歩く道中と排便の擬音の掛詞になっているところ、また後半の対句の巧妙さも称えています。

2ページ目 時代背景を表わした歌詞だった?

 

RELATED 関連する記事