エンターテイメント - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

シュール極まりない(笑)地中深く眠る埴輪を掘り起こす考古学系カジュアルゲーム「ハニワほるほる」

シュール極まりない(笑)地中深く眠る埴輪を掘り起こす考古学系カジュアルゲーム「ハニワほるほる」

ポノスから「ハニワほるほる」なるスマートフォン(iOS/Android)向けの新作ゲームアプリが配信スタートしました。「ハニワほるほる」は、幼稚園児がハニワを掘り当てるというなんともシュール極まりないカジュアルゲーム。”はにわ”の名が付くからにはJapaaan的にやってみないことにははじまらない…ということで、早速遊んでみました。

ポノスのカジュアルゲーム「私、転がります。」「今日は休みます。」は共に100万ダウンロードを達成しているそうで、海外でもヒットしたアプリなんだそう。

そんなポノスの新作「ハニワほるほる」。ゲーム内容は簡単。地中深く眠っているハニワを掘ること。画面操作も簡単で、掘り進めたい方向(右、左、下)をタップすることでスコップを使って園児が縦横無尽に堀り探ります。

ハニワを掘り当てた際のギミックは、何故かハニワがまるでロケットの様にジェットエンジンで画面を飛び回るわけです。この絵面を見たいがためにさらに地面を掘り進めるのです。

しかし舞台は幼稚園。制限時間がくると保育士のお姉さんが地上へと連れ戻しに来るのです。お姉さんもジェットエンジン積んでます。

なんどもハニワを探し当てるために掘ることでレベルアップ。レベルアップすると園児は新しい技を覚え成長していきます。地面を掘ってハニワをゲットすることで”ハニワ図鑑”には、ゲットしたハニワがコレクションされていきます。最終的にハニワ図鑑を完成することを夢見て、日々、私達は地面を掘り進めるのです。

ストーリー的にはかなりシュールなゲームですが、カジュアルゲームならではの操作感触の良さ、気持ち良さがあるので、なぜか掘ってしまいます(笑)

暇つぶしにはピッタリの考古学系カジュアルゲーム「ハニワほるほる」。一度遊んでみてはいかが?

 

ハニワほるほる

 

RELATED 関連する記事