歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

一体どういうこと?源頼朝のお墓になぜか刻まれた薩摩藩主・島津氏の家紋「轡十文字」の謎

一体どういうこと?源頼朝のお墓になぜか刻まれた薩摩藩主・島津氏の家紋「轡十文字」の謎

はじめに・刻まれた轡十文字

頼朝公のお墓。今も献花が絶えない。

鎌倉幕府を開いたことで有名な源頼朝公。頼朝公のお墓は鎌倉市西御門にありますが、今も国内外より多くの方が参詣され、頼朝公の遺徳が偲ばれます。

さて、頼朝公のお墓を観察すると、源氏の家紋として有名な「笹竜胆」の他に、丸をタテヨコに区切った「轡十文字(くつわじゅうもんじ)」の家紋が刻まれています。

頼朝公の墓石に刻まれた「轡十文字」。

おなじみ「笹竜胆」紋、こちらは新しいもの。

これは一体、どういう事でしょうか。

「頼朝公の子孫」?島津氏からの援助

実は江戸時代、幕末期になると鎌倉はすっかり寂れ、頼朝公のお墓も荒れ放題となっていたようです。そこへ時の薩摩藩主・島津重豪(しまづ しげひで)が頼朝公のお墓を整備したため、島津氏の家紋である「轡十文字」を刻んだ、と伝わります。

島津重豪による寄進が記された石碑。最左列に「薩摩中将重豪」とある。

地元民としてはありがたい限りですが、どうして鎌倉から遠い薩摩藩主が、わざわざ頼朝公のお墓を整備してくれたのでしょうか。

実は、島津氏の祖先である島津忠久(しまづ ただひさ)は頼朝公の隠し子だった?という説があります。

尚古集成館所蔵・伝島津忠久肖像。

それが惟宗(これむね)家へ養子に出され、やがて薩摩へ移って島津氏を称した、と言われています。

つまり、島津氏は「頼朝公の子孫だから」とお墓を整備する事で、自分たちが「源氏の子孫である」という既成事実を固めたかったためとも言われており、単なる善意だけではない思惑が窺われます。(※もちろん、地元民からすれば、それでも十分にありがたいと思っています)

2ページ目 薩摩へ行った島津忠久のお墓が、なぜ鎌倉に?

 

RELATED 関連する記事