観光・地域 - アート - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

葛飾北斎や歌川広重が描いた風景の今昔をプロジェクションマッピングで「赤坂・紀尾井町の今昔」公開

葛飾北斎や歌川広重が描いた風景の今昔をプロジェクションマッピングで「赤坂・紀尾井町の今昔」公開

東京 永田町駅、赤坂見附駅が最寄りの東京ガーデンテラス紀尾井町の「KIOI浮夜絵テラス」というイベントの中で、仕事帰りに立ち寄ってみたい素敵なプロジェクションマッピングが始まります。

8月8日(水)~ 8月10日(金)の期間、東京ガーデンテラス紀尾井町の「花の広場」の壁面で披露されるのが、アニメーションで浮世絵の世界を表現した「赤坂・紀尾井町の今昔」というプロジェクションマッピング作品。

赤坂・紀尾井町の今昔(壁面投影)イメージ 
8月8日(水)~ 8月10日(金)の3日間

東京・紀尾井町は紀州・尾張・井伊御三家の江戸大名屋敷に由来する由緒ある地。紀尾井町は、葛飾北斎や歌川広重をはじめとする人気浮世絵師たちが作品の舞台として選んだ場所でもあります。

プロジェクションマッピングでは北斎や広重の作品を映像に登場させながら、赤坂・紀尾井町の今と昔を舞台とした動く浮世絵とも言える映像先品が披露されます。江戸時代へとタイムスリップしたかと思えば、現代へと戻ってくるかのような時空を超えた旅感覚を味わえる内容になっているそうです。

さらに8月8日(水)~ 8月31日(金)の期間中は「涼める浮夜絵」という作品の水面投影も行われます。

涼める浮夜絵(水面投影)イメージ
8月8日(水)~ 8月31日(金)

これらのプロジェクションマッピングは紀尾井テラス1F「花の広場」で8月8日(水)~ 8月31日(金)まで開催される「KIOI浮夜絵テラス」というイベントの中で行われるもの。このイベントの開催時間は19:00 ~ 22:00なので、都内でお仕事をしている人は、仕事帰りに立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

 

KIOI浮夜絵テラス

 

RELATED 関連する記事