歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

そうだったの?江戸時代 江戸時代の遊女にも苦手・嫌いな客がいた。こんな客は歓迎されませんでした

江戸時代の遊女にも苦手・嫌いな客がいた。こんな客は歓迎されませんでした

江戸時代の宝歴期には、吉原も大衆化し、客の大半は庶民となりました。とはいえ吉原はかなりお金がかかるので、庶民はそう何度も気軽に足を運べる場所ではなかったのです。

それでもやはり、いろんな客が来るわけで、中には遊女たちが苦手な客・嫌いな客も…。

経験豊富な客は好まれない?

苦手な客といえば、経験豊富な客もそうでした。交合巧者の男は、遊女の生理サイクルを知っているから、膣口が最も柔軟性に富み密着度が増す時期もわかっているのだそう。毎月、同じころつまり交合に最適な時期に来るのです。

こういった客はなかなか射精することなく、抜き差しするばかり。女陰の感触を十分に楽しもうと時間をかけます。遊女としては、女陰や腹に疲労が溜まり、たまったものではありません。

そんなときはどうしたかというと、交合したまま何度か深呼吸を繰り返し、腹の空気を全部出して息を止めるのだとか。そして、足の指先を上にたててふんばって、男の腹を自分の腹に密着させ腹に力をいれたら、「気がいくいく」と矯声を上げるのがポイント。

こうすることで、男根は突然射精をするといわれていました。

2ページ目 秘具を持ち込んで、交合の際に使う客もいた

 

RELATED 関連する記事