歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

天皇と相撲をとって椅子を破壊?平安朝一の色男・在原業平の意外な一面

天皇と相撲をとって椅子を破壊?平安朝一の色男・在原業平の意外な一面

「伊勢物語」の昔男・在原業平

在原業平といえば、「伊勢物語」の昔男のモデルとして有名です。二条の后(陽成天皇の生母・藤原高子)や、伊勢の斎宮との密通など、数々の女性と浮名を流したプレイボーイとして描かれています。そのほか、「百人一首」の「ちはやふる神代もきかず竜田川からくれなゐに水くくるとは」の歌の作者としても有名。

有名な兄弟歌人に注目!イケメン色好みな名歌人・在原業平と手腕をふるった政治家・在原行平

同じ兄弟でもこんなに違った個性が!平安時代の兄弟歌人同じ親から生まれた兄弟なのに、性格や考え方、個性などが「別人!?」と思われるほど違っていることは、昔も今もよくあります。例えば、かつて「若貴フィ…

在原業平と二条后(月岡芳年画)

父・阿保親王は平城天皇の皇子であるため、在原業平はつまり天皇の孫にあたります。母の伊都内親王は桓武天皇の皇女なので、母方をたどっても天皇の孫。家柄よし、歌の才能よし、おまけに顔よし、まさにサラブレッドでした。

今回はそんな在原業平の、ちょっとイケメンじゃないエピソードを紹介します。

2ページ目 宇多天皇と内裏で相撲をとり、椅子を壊す

 

RELATED 関連する記事