手洗いをしっかりしよう!Japaaan

すべて悪霊の仕業!?平安時代、天皇陛下をボコボコにしてしまったトンデモ女官の逸話

すべて悪霊の仕業!?平安時代、天皇陛下をボコボコにしてしまったトンデモ女官の逸話

DV(ドメスティック・バイオレンス。家庭内暴力)と聞くと、たいてい「男が腕力にモノを言わせて、か弱い女性に暴力を振るっているのだな。悪いヤツだな」とイメージしがち。

しかし世の中は広いもので「女性から暴力を受ける男性」もいるらしく、男性トイレの壁にDV相談の広告が貼ってあるのも見たことがあります。

などと話をすると「敗戦後、女性は強くなった(一方、男性は弱くなった)から、今日び男性をねじ伏せるくらいは朝飯前なのだろう」なんて声も聞かれますが、どうも女性が男性に暴力を振るう事例は、昔から散見されたようです。

その極めつけは、殴るに事欠いて天皇陛下をボコボコにしてしまった女性がいたそうで、今回はそんなエピソードを紹介したいと思います。

いきなり発狂、殴るわ蹴るわの大暴れ

今回の被害者は第67代・三条天皇(さんじょうてんのう。在位:寛弘8・1011年~長和5・1016年)。事件は長和4年(1015年)に起こりました。

「きえぇ……っ!」

宮中で仕えていた民部掌侍(みんぶないしのじょう。女官の職名、実名不詳)がいきなり発狂し、忿怒の形相で近くにいた童子に襲いかかります。

「わぁっ、やめて、痛いよう……っ!」

この世の者とも思えぬ馬鹿力で殴る蹴るの暴行を受けながら、訳も分からず童子は泣き叫ぶばかり。

「そなた、何をするのだ……止めろ!」

童子の悲鳴を聞きつけ、真っ先に駆けつけた三条天皇は、童子を守るために抱きかかえました。

(民部掌侍を取り押さえた方がより確実と思われるものの、荒事には慣れていなかったであろうことと、童子を守らずにはいられない優しさが陛下をしてそうさせたのでしょう)

尋常の者であれば、ここで正気に返って大不敬を謝するところですが、民部掌侍は何人たりとも構うことなく、叫び狂いながら殴る蹴るを続けます。

「ぎゃあ~ぎゃあ~ぎゃあぁ……っ!」

「止めろ……止めるのだ!」

2ページ目 暴行事件は悪霊の仕業!?

 

RELATED 関連する記事