手洗いをしっかりしよう!Japaaan

天下無双!関ヶ原で敗戦するも、見事な返り咲きを果たした最強の武将・立花宗茂の生涯

天下無双!関ヶ原で敗戦するも、見事な返り咲きを果たした最強の武将・立花宗茂の生涯

@
2021/08/27

みなさんは、立花宗茂(たちばなむねしげ)という人物の名前を聞いたことがありますか?

歴史に詳しい方や、戦国時代がお好きな方はご存じかもしれません。実は、彼はあの豊臣秀吉から「天下無双」と称されるほどの人物。

今回の記事では、そんな立花宗茂の生涯や彼の人物像について、詳しくご紹介したいと思います。

立花宗茂(たちばなむねしげ)の生涯は?

立花宗茂は、永禄10年(1567年)に豊後・国東郡筧(現在の大分県豊後高田市)に生まれました。父は、大名・大友宗麟の重臣であった吉弘鎮理(よしひろしげまさ:後の高橋紹運)。

父は大友家を支える重要な人物として、立花道雪と並んで、大友家の風神雷神と呼ばれていたそうです。男児のいなかった立花道雪は、宗重の器量にほれ込み、養子にほしいと頼みます。しかし、宗茂は長男として家を継ぐ立場にありました。

宗茂の父は断りましたが、立花道雪が決して引き下がろうとしなかったことから、宗茂は立花家の養子となりました。その後15歳で結婚します。彼の初陣は、秋月氏と筑紫氏との争いである「第二次太宰府観世音寺の戦い」。

その後、立花道雪が亡くなりますが、これが大友家にとって大ダメージに。島津氏が筑前国へ侵攻し、立花宗茂がいる立花山城へ向かいました。

ここで大友家は、豊臣秀吉へ臣従することを決意。立花宗茂は豊臣秀吉の九州征伐に参加し、島津家を攻めます。九州征伐は豊臣軍の勝利で終わり、功績をあげた宗茂は筑後国柳川13万2,000石を与えられます。

2ページ目 関ヶ原の戦い敗戦も、見事な返り咲き

 

RELATED 関連する記事