手洗いをしっかりしよう!Japaaan

後ろの正面だあれ?童謡「かごめかごめ」の不可解な歌詞の謎に迫る!

後ろの正面だあれ?童謡「かごめかごめ」の不可解な歌詞の謎に迫る!

♪かごめ かごめ
かごの中の鳥は いついつ出やる
夜明けの晩に 鶴と亀がすべった
後ろの正面だあれ……♪

目隠しをして座った鬼をみんなで囲み、歌いながら回って歌が終わった時、後ろに誰がいるかを鬼が当てる「かごめかごめ」。

筆者も子供の頃に友達と遊んだ覚えがありますが、愉快なようでいて、どこか薄暗さを感じる節回しと、よく考えると意味が判らない歌詞が、少し不気味にも感じました。

そもそも「かごめ」って何だろう?次に出て来る「かごの中の鳥」の名前だろうか……でも、図鑑を見てもカモメしかいないし……夜明けの晩?後ろの正面?一体どういう意味なんだろう……など、疑問に感じた方も少なくないかと思います。

そこで今回は、童謡「かごめかごめ」について調べてみたので、諸説ある内の一部を紹介したいと思います。

籠の網目?囲め囲め?それとも籠女?

まず「かごめ」とは「籠目」、つまり竹を編んで作った籠の網目で、編み方にもよりますが、六角形の穴が特徴的です。それで「かごの中の鳥」につながるのですね。

また、異説には遊びの様子である「(鬼を)囲め、囲め」と言っているのが訛ったとする説や、籠女(籠を抱えたようにお腹の膨れた女=妊婦)を指しているとする説もあります。

続く「かごの中の鳥は いついつ出やる」は、文字通りかと思いますが、「いついつ出やる」と繰り返している辺り「いつだ?いつ出てくるんだ?」と心待ちにしている、あるいは待ち構えているかのようです。

鳥(に喩えられたもの)が出てくるのは「夜明けの晩」、これは夜明け前の午前3~5時ごろを指しているとか、先ほどの妊婦説では、胎児にとって出産直前の臨月を意味しているなどと考えられています。

そしていきなり「鶴と亀がすべった」のですが、これは長寿の象徴(鶴は千年、亀は万年)がすべることで死を連想させ、例えば甲羅を抱えた亀のような妊婦が、足を「つるっと」すべらせ、階段を転げ落ちたとか……。

彼女の「後ろの正面」に立っていたのは誰なのか、もしかしたら、その誰かが彼女を突き飛ばしたのかも知れませんね。

2ページ目 彼女を突き飛ばした犯人は?

 

RELATED 関連する記事