歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

豊臣秀頼は二人いた!? 豊臣秀頼は二人いたんです!秀吉が公認した「もう一人の豊臣秀頼」ってどんな武将だったの?【三】

豊臣秀頼は二人いたんです!秀吉が公認した「もう一人の豊臣秀頼」ってどんな武将だったの?【三】

これまでのあらすじ

豊臣秀頼(とよとみ ひでより)と言えば、ご存じ天下人・豊臣秀吉(ひでよし)の後継者ですが、実はもう一人「秀吉公認の豊臣秀頼」がいるのです。

彼は戦国時代、尾張国の守護・斯波義統(しば よしむね)の次男として生まれ、謀叛によって父を失うと織田信長(おだ のぶなが)の家臣・毛利十郎(もうり じゅうろう)に養子入りして元服、毛利長秀(もうり ながひで)と名乗ります。

その後、桶狭間の戦いで初陣を飾って以来、赤母衣衆(あかほろしゅう。信長の親衛隊)として数多の戦場を渡り歩き、武功を重ねていくのでした。

これまでの記事

豊臣秀頼は二人いたんです!秀吉が公認した「もう一人の豊臣秀頼」ってどんな武将だったの?【一】

豊臣秀頼(とよとみ ひでより)と言えば天下人・豊臣秀吉(とよとみ ひでよし)の後継者として多くの歴史ファンにその名を知られている人物ですが、実はもう一人「豊臣秀頼」がいたことをご存じでしょうか。…

豊臣秀頼は二人いたんです!秀吉が公認した「もう一人の豊臣秀頼」ってどんな武将だったの?【二】

前回のあらすじ[caption id="attachment_108420" align="aligncenter" width="500"] 豊臣秀頼と言えば、秀吉の後継者が有名ですが……。[/…

「甲斐の虎」武田氏と「越後の龍」上杉氏に反撃開始

天正三1575年5月21日、長篠の戦いで武田勝頼(たけだ かつより)の軍勢を撃破した織田・徳川連合軍はそれまで東の国境を脅かされ続けていた劣勢から攻勢に転じ、長秀は信長の嫡男・織田信忠(のぶただ)に従って東美濃の岩村城(現:岐阜県恵那市岩村)へ出兵。

11月10日、兵糧攻めに耐えかねた武田方が夜襲を仕掛けて来ましたが、長秀らの奮戦によってこれを撃退。武田方の遠山五郎友長(とおやま ごろうともなが)、澤中左忠太光利(さわなか さちゅうたみつとし)、飯妻新五郎(いいづま しんごろう)、小杉勘兵衛(こすぎ かんべゑ)といった猛将たちを討ち取る大手柄を立てました。

続く天正六1578年10月4日には、越中国で上杉軍(※)と戦っている斎藤新五郎利治(さいとう しんごろうとしはる)への援軍として月岡野(現:富山県富山市)で敵方の勇将・河田豊前守長親(かわだ ぶぜんのかみながちか)や椎名小四郎景直(しいな こしろうかげなお)らと戦い、360の首級を奪(と)り敵兵3,000人以上を捕虜とする大戦果を上げています。

(※)永らく織田軍を苦しめ続けていた上杉謙信(うえすぎ けんしん)は同年3月に急死しており、当時、上杉の本拠地・越後国では上杉景勝(かげかつ)と上杉景虎(かげとら)による跡目争い(御館の乱)で混乱していました。

この勝利によって織田軍は北陸戦線の主導権を握ると共に、それまで勝てなかった「越後の龍(謙信の異名≒上杉軍)」に勝利できたことにより、その精強さを天下に知らしめる契機となりました。

かつて甲斐の虎と呼ばれた武田軍、そして越後の龍と恐れられた上杉軍に対する勝利に大きく貢献した長秀は、信長の覚えますますめでたく、ついに武田勝頼に止めを刺す「甲州征伐」にも従軍します。

2ページ目 養子・安藤源五の初陣

 

RELATED 関連する記事