グルメ - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

日本のおふくろの味「肉じゃが」を考案したのはなんと軍人・東郷平八郎だった説

日本のおふくろの味「肉じゃが」を考案したのはなんと軍人・東郷平八郎だった説

筆者のような世代では、彼女や嫁さんの作った肉じゃがを食べたいなんていう妄想を抱いていた世の男性も少なくはないとおもいます。それぐらい今や、家庭料理としておなじみの「肉じゃが」。

ところが、実は肉じゃがを考案したのは、むきむきの軍人、しかも東郷平八郎だったという話を聞くと皆さんどう思われますか?(※肉じゃがの起源には諸説あります)

東郷平八郎といえば、明治時代から大正時代にかけて活躍した帝国海軍の軍人で、連合艦隊司令長官にまで出世した人物です。日露戦争では、日本海海戦で、当時最強と謳われたバルチック艦隊を全滅させ、世界中にその名前を知らしめました。

フィンランドで1970年から1992年まで製造販売された‶Amiraali(提督)ビール”のラベルに描かれた24人の提督の一人として、東郷の肖像画が描かれているほど最近まで世界中で知られていました。

2ページ目 東郷「留学中のあの味をもう一度!」

 

RELATED 関連する記事