エンターテイメント - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

高石勝男、水泳でオリンピック初入賞を果たした男「いだてん」第29話振り返り

高石勝男、水泳でオリンピック初入賞を果たした男「いだてん」第29話振り返り

「いだてん」第29話が放送されました。

これまでの「いだてん」振り返り記事はこちら。

アジアの情勢が悪化する中、いよいよ1932年ロサンゼルスオリンピック開幕です。この当時は戦争はもとより、世界恐慌の影響で出場を見送った国が続出したとか。ドラマ内で職にあぶれた人々が選手団に嫌な態度をとるシーンがありましたが、彼らの失業にはこうした背景もあったようです。

さて、日本の水泳選手たちは、この大会で6種目中5種目で金メダルを獲得するという快挙を成し遂げています。その陰で、代表に選ばれながら出場を果たせなかった選手がいました。高石勝男です。

Wikipediaより

29話は、かつて日本水泳のトップを走っていた高石が引退を決意するまでの葛藤を中心に描かれました。

2ページ目 日本近代水泳発祥の地で鍛えられた高石

 

RELATED 関連する記事