歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

そうだったの?江戸時代 江戸時代にあった、夜の営みで快楽の高みへと誘う媚薬たち10種を一挙紹介!

江戸時代にあった、夜の営みで快楽の高みへと誘う媚薬たち10種を一挙紹介!

江戸時代にはすでに夜の営みで使うためのアダルトグッズが数多く存在していました。それらは、浮世絵師・葛飾北斎による最後の春画「萬福和合神」にも描かれています。

どう使うん?ってものまで!葛飾北斎による江戸時代のアダルトグッズ紹介「魂胆遣曲道具」

江戸時代に庶民の間で人気だった浮世絵にはさまざまなジャンルがあります。風景画、役者絵、美人画の他に、性的描写を含む春画(艶本)と呼ばれるジャンルも庶民たちに人気でした。当時は春画=エロ本といっ…

また、精力増強やエクスタシーを得るための媚薬もたくさん売られていたんです。今回は、江戸時代に売られていた媚薬を一挙紹介します!

長命丸

もともとは疲労回復のための薬でしたが、以前Japaaanでも紹介した日本初のアダルトグッズショップ「四目屋」が精力剤として販売し、大人気に。

なんと通信販売まであった!江戸時代に誕生した日本初のアダルトグッズショップ「四目屋」

先日の記事でも紹介したように、江戸時代ではかなりバラエティ豊かなアダルトグッズが、一般に広まっていたようです。[insert_post id=97682][insert_post id=97425…

精力剤として利用する時は、男性の性器に塗ることで効果を発揮します。覚醒作用がある成分が含まれていたそうです。江戸時代のバイアグラ。

たけり丸

オットセイの性器を粉末状にした媚薬。精力を増強させる効果があり、インポテンツなどにも効果を発揮していたそうです。オットセイは当時、精力剤として多く利用されていました。

女悦丸

女性のための媚薬です。なんともけしからん名前の薬ですが、女悦丸は女性の女陰に塗って使います。セックスの前に使うことで女性の陰部が膨れ上がり、快楽を得られるとされていました。

2ページ目 ラブローションだってありました!

 

RELATED 関連する記事