エンターテイメント - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

このビジュアルずるいwww 阿部寛 主演の時代劇映画「蚤とり侍」特報映像がいよいよ公開

このビジュアルずるいwww 阿部寛 主演の時代劇映画「蚤とり侍」特報映像がいよいよ公開

阿部寛が主演を務める時代劇『蚤とり侍』のティザービジュアルと特報映像が公開となりました。

インパクト抜群のポスターでは、主演の阿部さんが東洲斎写楽の「三世大谷鬼次の奴江戸兵衛」のように、目玉をぎょろりとにらみを効かせています。視線の先、鼻の頭には蚤がとまり、首筋にはキスマークが。実に興味そそられるビジュアルです。キャッチコピーは「貴女・・のみ、愛しています」。

ストーリーの舞台は老中・田沼意次(桂文枝)の頃の江戸の世。越後長岡藩士として出世コースを順調に進んでいた小林寛之進(阿部寛)は、失言から藩主(松重豊)の逆鱗に触れ、猫の蚤を取る「蚤とり侍」として貧乏長屋へ左遷されてしまいます。

お客さまの猫の蚤を取って日銭を稼ぐ「猫の蚤とり」の実態は、女性に愛をご奉仕する裏稼業。これ、江戸時代に実在した職業なんだそうです。

風間杜夫、大竹しのぶ、斎藤工、豊川悦司、前田敦子ら、キャストの姿も登場する特報映像では、思いを寄せるおみね(寺島しのぶ)から「下手クソが!」と罵声を浴びせられ、茫然とする寛之進のコミカルな姿も見られます。剣術の稽古に精を出し、裃姿で男前度全開の寛之進と、蚤とり稼業に奮闘する姿とのギャップはなかなかの見もの。

原作は小松重男の『蚤とり侍』に収録されている短編で、『テルマエ・ロマエ』『後妻業の女』の鶴橋康夫監督がメガホンを取り、脚本も併せて担当しました。

江戸の世のコミカルラブストーリー。期待高まる30秒の予告映像をどうぞ。映画『蚤とり侍』は、2018年5月18日より全国ロードショーです。

映画「のみとり侍」公式サイト

 

 

RELATED 関連する記事

 
閉じる