歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

トイレもお付きの者がお世話!?大奥の御台所の暮らしってどんな感じだったの?

トイレもお付きの者がお世話!?大奥の御台所の暮らしってどんな感じだったの?

前回までは「大奥の様々な職種」、そして「大奥での娯楽」について紹介しましたが、今回は大奥の中でも特別な存在「御台所」の暮らしぶりについて紹介します。御台所の一日はどんなものだったのでしょうか?

起床は朝六ツ半でちょっとのんびり

将軍の正室である御台所の一日は、朝六ツ半(午前7時頃)に起きて、「おしまいどこ」(御化粧之間)へ。

まず、御中臈が差し出してくれるお漱ぎ(おすすぎ)で口を漱ぎ、トイレにはお付きの者が一緒に入り、用が済んだ後はおしりを拭いてもらうのだとか。手を洗うときには、手を出せばお付きの者が洗って拭いてくれたそうです。まさに至れり尽くせりですね。

歯磨きしてから顔を糠袋で洗ってもらい、お歯黒をしてその後、入浴です。御台所は毎朝必ずお風呂に入る習慣があり、夜に将軍と過ごす日は夕方にも入るので1日2回の入浴になりました。

「千代田之大奥 入浴」楊洲周延

身体もさっぱりときれいになったところで、朝の御召替え。御台所の着替えは、朝も含めて1日に5回も行われていたそう。

次に髪を整えてもらうのですが、御台所は寝床で横になっているときにすでに一度髪を漉いてもらっています。髪を結いながら朝食の時間です。朝食は、中年寄や御中臈の給仕ととることが多かったようです。

「千代田の大奥 お櫛あげ」楊洲周延

朝食後はお化粧をして、正装にて将軍の奥入りを待ち、将軍と朝の挨拶を交わします。

2ページ目 昼間〜夜の過ごし方

 

RELATED 関連する記事

 
閉じる