チョッパ〜♪ONE PIECEの人気キャラが可愛い"こけし"になった「ワンピースこけし」

チョッパ〜♪ONE PIECEの人気キャラが可愛い"こけし"になった「ワンピースこけし」

群馬県に工房を構える「卯三郎(うさぶろう)こけし」。卯三郎こけしが手がける人気シリーズが「創作こけし」シリーズ。これまでに、アニメなどの人気キャラクターがまん丸としたこけしにアレンジされてきました。

キャワイィ〜ッ!ウルトラマンと「卯三郎こけし」がコラボで丸っとした可愛いキャラこけし誕生

群馬県に工房をかまえるコケシ好きにはおなじみの「卯三郎こけし」。卯三郎こけしは筆による絵付けに彫刻や焼き絵を融合させるなどし、立体感を表現できる焼き絵が特徴。創業者である岡本卯三郎氏によって生み出され…

そんな「創作こけし」に、新作の「ONE PIECE(ワンピース)」コラボレーションシリーズ「ワンピースこけし」が登場です。

尾田栄一郎さん原作のアニメ「ONE PIECE」のキャラがこけしになったんです!創作こけしならではの二頭身のまん丸としたスタイルがとってもキュート。

今回、こけしとして登場したのはワンピースの人気キャラ、ルフィ、ゾロ、チョッパーの3人。木のぬくもりが残っているからとっても温かみのある可愛らしい雰囲気が感じられます。

ルフィにはちゃんと麦わら帽子も木を削り出して作られており、チョッパーの角にはちゃんと補修痕も描かれていますね。ゾロはしっかり三刀流。

可愛らしくポップに仕上げられながら、こけし本来の温もりも感じられるワンピースこけし。現在、オンラインストアで予約受付中で、10月中旬より順次発送予定とのこと。価格は各4,200円(税抜)となっています。

卯三郎(うさぶろう)こけし

群馬県の中央部、榛名山の東麓にある榛東村(しんとうむら)に工房を構える「卯三郎こけし」。創業者岡本卯三郎により1950年(昭和25年)からこけし創りを手掛け、ろくろ技術の製法に加えて、筆による絵付けに彫刻や焼き絵を融合させるなど、新たな技法も生み出し、匠の技を今に伝承しています。現在、卯三郎こけしはヨーロッパを中心に18カ国に直接輸出するなど、その優れたデザイン性が海外市場でも高く評価されています。

ワンピースこけし – ヒキダシストア

 

RELATED 関連する記事

 
閉じる