グルメ - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

アンデス山脈とは関係なし!(キリッ 日本生まれ「アンデスメロン」の名前の由来

日本生まれ「アンデスメロン」の名前の由来

@
2017/04/03

お手頃メロンの王様

スーパーなどの店頭には、初夏頃から様々な種類のメロンが並びます。メロンと言えば、以前は「高級な果物」の代表的な存在でした。


マスクメロンやプリンスメロンなどの品種は、栽培が難しく、しかも良い実を付けさせるために1株から1つしか実が取れません。このため、一般の消費者にはなかなか手の届かない、高価な果物だったのです。

その後、手頃な価格なのに高品質な「大衆メロン」と呼ぶべき品種が開発されるようになりました。

その1つが「アンデスメロン」です。

「アンデスメロン」という名前ではありますが、このメロン、実は日本生まれです。
昭和52年、マスクメロンとコサックメロン、ハネデューメロンなどの品種を交配させた新品種として、現在のサカタのタネ(坂田種苗)より発表されました。

お手頃価格でありながら、1kg〜1.3kgと大玉で、実の表面にはマスクメロンと同じような「ネット」と呼ばれる網目がかかっているのが特徴です。それまで「大衆メロン」と言えば、網目のない「プリンスメロン」が主流でしたが、それよりも更に早い3月頃から収穫できるということもあり、アンデスメロンはあっという間に「大衆メロンNo.1」となりました。

次ページ: 生まれは日本!でも「アンデス」と名付けられた理由は?

 

RELATED 関連する記事

 
閉じる