歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

金メッキ違〜うっ!国宝・金地螺鈿毛抜形太刀には極めて珍しい高純度の金が使われてた!

金メッキ違〜うっ!国宝・金地螺鈿毛抜形太刀には極めて珍しい高純度の金が使われてた!

科学的な調査によってそれまで考えられていたことが覆る歴史的な発見というものは定期的にニュースで知ることになり、心ときめくこともしばしば。

26日に発表された発見もこれまた心ときめくニュース。奈良県にある世界遺産・春日大社に伝わる国宝・金地螺鈿毛抜形太刀(きんじらでんけぬきがたたち)。平安時代から伝わる長さ96.3cmのこの太刀をX線CTスキャンなどで調査した結果、使用されているほとんどの金具部分に純度の高い金を使っていたことがわかりました。

tachi

これまで金地螺鈿毛抜形太刀の金具部分は銀などにメッキ加工されたものだと考えられていましたが、春日大社が太刀のレプリカを作るために調査を依頼し今回の新発見に繋がりました。

出典: 産経WEST

出典: 産経WEST

日本刀ファンならずともこの太刀の装飾には目を見張るものがありますが、純度の高い金が使われていたとなればさらにトキメキも倍増。使用されている金は22〜23金とみられており、ここまで純度の高い金の金具で装飾された太刀は非常に珍しいとのこと。

国宝・金地螺鈿毛抜形太刀はリニューアルオープンする春日大社国宝殿で10月1日(土)〜10月31日(月)まで公開されますよ!

世界遺産 春日大社

Source: NHKニュース産経WEST

 

RELATED 関連する記事

 
閉じる