歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

江戸時代に日米の懸け橋となったジョン万次郎、帰国後のその後の人生とは…?(2)

江戸時代に日米の懸け橋となったジョン万次郎、帰国後のその後の人生とは…?(2)

船が無事にサンフランシスコにたどり着くと、一段と万次郎の株は上がりました。異国の言葉や習慣が皆目わからない日本人は誰一人として、万次郎がいなければトイレにすらいくことができなかったのだから当然といえば当然です。

万次郎は、何かにつけて日本人士官たちに頼りにされるようになりました。

咸臨丸が到着したとされるpier39(埠頭39)の現在の様子

このように近代日本の幕開けに貢献した万次郎でしたが、帰国後に働き相当の役職が与えられることはありませんでした。士官たちは実際に船を操ったのがブルック大尉や万次郎たちであったことをひた隠しにしたからです。

士官たちは滞米中、さんざん万次郎たちの世話になっておきながら日本に就いた途端に万次郎に対する態度を一変させました。武士である彼らは土佐の漁師あがりに頭を下げ指示を仰いだことを認めたくなかったのでしょう。

また、これからの日本が欧米列強と対等に渡り合ううえで、航海中に日本人だけの手で太平洋を横断したという“事実”が必要だったのかもしれません。

サンフランシスコの高台、リージョンオブオナー美術館(California Pales of the Legion of Honor)付近にある咸臨丸入港百年記念碑

航海に同行した福沢諭吉でさえ、『福翁自伝』の中で、日本人士官たちの手でこの快挙を達成したと強調しています。いずれにせよこうして万次郎は身分の壁が厚い封建制社会の中で大きく飛躍する機会の種を摘み取られてしまったのでした。

3ページ目 東京大学の前身「開成学校」の教授に

 

RELATED 関連する記事