歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

幕末時代、カネ目当てで浪士組に入った「偽志士」コンビの末路とは?

幕末時代、カネ目当てで浪士組に入った「偽志士」コンビの末路とは?

幕末時代、多くの志士たちが日本の行く末を思って全国各地を東奔西走し、数々の歴史ドラマを生み出したのは今日よく知られるところです。

幕末の志士たち(海援隊)。Wikipediaより。

しかし、そんな志士たちも喰わねば生きていけない訳で、主君からの扶持も満足な生業もない浪人たちは、その多くが大なり小なり経済的な支援を受けていたことでしょう。

とは言え、いつの時代も自分の生活で手一杯なのが庶民というもの。いくら天下の大義だ尊皇攘夷だと謳ったところで、そんな心意気に応えて快く支援してくれる奇特な方はなかなかいません。

また、日本のためになるなら……と、苦しい中でも支援してくれる善意につけ込む詐欺なども少なからず横行していたようで、そうした卑しい手合いは今も昔も変わらずいるようです。

今回はそんな「偽志士」たちのエピソードを紹介したいと思います。

2ページ目 浪士組にゴロツキ二人

 

RELATED 関連する記事