歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

大相撲の取り組みは自分の出番の前から始まっている!?土俵下にいる控え力士の役割とは?

大相撲の取り組みは自分の出番の前から始まっている!?土俵下にいる控え力士の役割とは?

控え力士って、なんのためにいるの?

大相撲を会場やTV中継で見ていると、ある光景が目に入ります。

自身の取り組みが近づいた力士が花道を通って入場し、土俵下の最も土俵から近い席(「砂かぶり席」と呼ばれています)に「控え力士」として座ります。

一見「力士が入場し、待機している様子」にしか見えないかもしれません。

しかし控え力士は、ただ座って自分の取り組みの順番が来るまで待っているわけではないのです。

2ページ目 控え力士の役割は「取組中の力士の介添えをすること」

 

RELATED 関連する記事