歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

おぉ超レア!新選組・土方歳三の没後150年にちなみ「宅配用段ボール」が誕生!無料で使えるぞ

おぉ超レア!新選組・土方歳三の没後150年にちなみ「宅配用段ボール」が誕生!無料で使えるぞ

明治2年(1869年)に新選組の副長・土方歳三(ひじかたとしぞう)が戦死して今年でちょうど150年。2020年には司馬遼太郎の代表作であり土方歳三が主役の小説「燃えよ剣」が2020年に映画化されることが決定していますが、

司馬遼太郎ファンに朗報!新選組・土方歳三が主役の「燃えよ剣」が2020年映画化決定

伝説の歴史作家・シバリョーこと司馬遼太郎ファンの皆さん、また幕末好きの皆さんに大ニュースです!新選組ブームの火付け役となった名作「燃えよ剣」が、新たなキャスティングで2020年に実写映画化される事にな…

土方歳三の没後150年にちなんで、東京都日野市が「土方歳三没後150年 宅配用段ボール」を制作。郵便局などで無料で利用できるようになります!宅配用段ボールのデザインがこちらです。

おぉ!幕末ファン、新選組ファンであればコレクションしておきたいレアアイテム!

新選組副長の土方歳三は日野で生まれ育ち、日野宿本陣にあった道場で仲間たちと出会い、その後京都で新選組を結成。日野市は土方歳三のゆかりの地であることから、今回このようなダンボールを制作。

それにしても記念でダンボールをデザインするというのはユニークですね。「土方歳三のふるさとから想いを全国に送ってください」とのことですが、自宅に送ってダンボールをゲットしたいファンも多そうですね。

デザインサイズは1種類で、取扱事業所で3月15日以降無料で数量限定で利用できるようになります。取り扱い事業所は日野市内郵便局、ヤマト運輸市内営業所。詳しくはホームページをご覧ください。

 

土方歳三没後150年 宅配用段ボールができました

 

RELATED 関連する記事