歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

きっかけは仏教の解釈を巡るケンカ?天台宗と真言宗の開祖は犬猿の仲だった

きっかけは仏教の解釈を巡るケンカ?天台宗と真言宗の開祖は犬猿の仲だった

平安時代の僧侶によって開かれた日本仏教の2つの宗派

仏教は、現在の日本に広く広まっている宗教です。インドでお釈迦様によって開かれた仏教は、その後考え方の違いによって大乗仏教と上座部仏教の2つに分かれました。

日本の仏教に海外の仏教…日本だけでも宗派がいろいろ。いったいどこがどう違うの?

なぜ仏教にはこんなに種類があるの?日本人の宗教は、全体的には「無宗教寄りの仏教」といった印象です。大晦日の風物詩といえば除夜の鐘ですし、葬儀は仏教式で行うというご家庭が多いのではないでしょうか。…

このうち日本に入ってきて広まったのは、大乗仏教の方でした。

大乗仏教は現在、さらに多くの宗派に分かれていますが、その中でも平安時代初期に唐に渡った僧侶によってそれぞれ開かれた宗派が「天台宗」「真言宗」です。

2ページ目 エリート2人はともに唐で仏教を学んだ

 

RELATED 関連する記事