歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

童謡「お内裏様〜とお雛様~♪」実はお内裏様と呼ぶのは間違い? お雛様の”雛”って何?

童謡「お内裏様〜とお雛様~♪」実はお内裏様と呼ぶのは間違い? お雛様の”雛”って何?

お内裏様と呼ぶのは間違い?

ひな祭りの歌として多くの人に知られている、童謡の「うれしいひなまつり」。「お内裏様とお雛様~」のくだりは誰しもが知っており、大多数の人は男性をお内裏様、女性をお雛様と思っていることでしょう。

しかし、実はお内裏様と呼ぶのは正確ではないと知っていましたか?

〈歌詞二番を抜粋〉
お内裏様と お雛様
二人ならんで すまし顔
お嫁にいらした 姉様に
よく似た官女の 白い顔

そもそも内裏とは、天皇が政務を執り行ったりする紫宸殿など擁する生活をする私的区域のこと。御所や禁裏(きんり)とも呼びますね。

以前『祈りから始まる天皇の一日。儀式と礼拝に彩られた平安時代の天皇の暮らしをのぞいてみよう』にて、内裏の重要な建物の一つ、紫宸殿のことをざっくりと紹介しました。

雛飾りの最上段の二人は、紫宸殿で行われる天皇と皇后(もしくは親王と親王妃)の結婚の儀の出で立ちなのです。

というように、内裏は宮殿のことを指すので、人をさして「お内裏様」と呼ぶことは正確ではありません。最上段のお人形は、「男雛・女雛」または「お殿様・お雛様」と呼ぶのが正しいと思われます。

2ページ目 「雛(ひいな)」の意味は?

 

RELATED 関連する記事